ドラマ決定〜

次のクールを越えて…

10月からのクールで…

亀ちゃんのホームドラマ決定

待ち遠しいなっ


<以下引用>
亀梨和也がホームドラマ初挑戦
 KAT−TUN亀梨和也(27)がホームドラマに初挑戦する。10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ(題名未定、土曜午後9時)に主演することが26日、分かった。
 原作は小路幸也氏が手掛けた短編推理小説シリーズ「東京バンドワゴン」全8作。物語は古本店とカフェを経営する風変わりな4世代の大家族が少し変わった家訓に従い、不思議な事件を解決していく。温かさとおしゃれさを感じさせるシリーズとして、若い世代に人気を博している。脚本は同局系連ドラ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」の大森美香氏が担当する。
 原作を軸にしながらも亀梨の人柄を反映させて、脚本が書き下ろされる予定という。亀梨が演じるのは堀田家の次男青(あお)。父親の愛人の子供だが、堀田家で長男と分け隔てなく育てられてきたフリーの旅行添乗員。原作では軽薄そうな言動と憂いのある表情のギャップが女性をひきつけ、かなりのプレーボーイとして描かれているが、ドラマでは義理人情に厚い人柄を強調するという。また、原作の軸となる青と父親の確執に加え、ドラマでは青の家族へ愛も描かれる。
 亀梨の連ドラ主演は10年10月クールの同局系「妖怪人間ベム」以来2年ぶりで、「皆さんに、家族っていいなぁと思ってもらえる家族や人間関係を築いていきたいと思います。僕自身も東京バンドワゴンを通して、新たな家族に会えるのをとても楽しみにしています」と意気込んでいる。
 なお、亀梨の起用理由について、池田健司プロデューサーは「『妖怪人間ベム』などクールで孤独な役が多かったですが、亀梨君はもともと義理人情に厚い人。これまでの役とは真逆で、本来のホットな人柄を大家族の中においてみたかった」と説明している。
 [2013年6月27日7時3分 日スポ紙面から]


亀梨が日テレ「土9」枠に帰ってくる!10月、初のホームドラマ挑戦
 人気グループ「KAT―TUN」の亀梨和也(27)が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ(タイトル未定、土曜・後9時)で主演し、初のホームドラマに挑戦することになった。
 過去にも「野ブタ。をプロデュース」(05年)「妖怪人間ベム」(11年)など、主演でヒット作を生み出してきた「土9」枠に亀梨が帰ってくる。今回は小路幸也氏による人気小説シリーズ「東京バンドワゴン」の実写化で、都内で古本屋を経営する4世代の大家族「堀田家」が、さまざまな不思議な事件を解決していくストーリー。
 亀梨が演じるのは、堀田家の次男で、フリーの旅行添乗員をしている堀田青(あお)。父と愛人の間に生まれながらも堀田家の一員として素直に育ってきたという役どころで「みなさんに、家族っていいなぁ、と思ってもらえる家族や人間関係を築いていきたいと思います」。亀梨自身も原作のファンだといい「いいプレッシャーを感じ、気合が入っています」と意気込んだ。
 亀梨といえば、普段はクールなイメージがあるが、池田健司プロデューサーは「芝居以外の彼は、どちらかというとホット。そんな姿を大家族の中において見てみたい」と期待を寄せる。脚本は「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」などを手掛けたヒットメーカー・大森美香さん。亀梨とは初タッグとなり、いい化学反応が期待できそうだ。
[2013/6/27-06:00 スポーツ報知]


亀梨和也、2年ぶり連ドラ主演 ホームドラマ初挑戦
亀梨和也が「東京バンドワゴン」シリーズのドラマ化で主演(写真は著書の表紙)(C)小路幸也/集英社
 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が、10月スタートの日本テレビ系新ドラマ(タイトル未定)で2年ぶりに連ドラ主演を務めることが26日、わかった。小説家・小路幸也氏の『東京バンドワゴン』(集英社)シリーズを原作に、ホームドラマに初挑戦する。亀梨は「皆さんに、家族っていいなぁ、と思ってもらえる家族や人間関係を築いていきたいと思います」と早くも意気込んでいる。

 原作は、2009年に“映像化して欲しい小説NO.1”に選ばれた人気シリーズ。巻き起きる不思議な事件を、ちょっと変わった家訓に従って解決していく一家の物語で、古本屋とカフェを経営する少々風変わりな4世代の大家族が、訪れる客人のトラブルを次々と解決していく。

 亀梨が演じるのは、26歳のフリー旅行添乗員・堀田青(あお)。軽薄そうな言動とふと見せる憂いのある表情のギャップが女性にはたまらないプレイボーイだが、大学生の槙野すずみと出会い、一途に恋をするキャラクターだ。

 学園や恋愛もの、妖怪人間などドラマでさまざまな役柄を演じてきた亀梨にとって、今回のホームドラマは新境地。「新たな家族に会えるのをとても楽しみにしています」と胸を躍らせ、「主役として参加させていただけることをうれしく思うと同時に、いいプレッシャーを感じ、気合いが入っています」と気を引き締めている。

 10月期のドラマとあって、クランクインはまだ先だが「魅力的な原作のドラマ化ですし、試行錯誤しながら愛情を注いで、原作のファンの皆さまの期待に応えられるドラマを作り上げていきます!」とイメージをふくらませている。

 同ドラマの池田健司プロデューサーは「亀梨くんのイメージは、“クール”が大半を占めるのではないかと思います。『妖怪人間ベム』や『野ブタ。をプロデュース』といったのも、クールなキャラクターでした」と分析した上で、「芝居以外の彼は、どちらかというと“ホット”なんです。そんな姿を大家族の中において見てみたい」と期待を寄せている。

 『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)や『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(フジテレビ系)などを手掛けた大森美香が脚本を手がける同作は、10月より毎週土曜午後9時放送。
オリコン 6月27日(木)6時0分配信


「東京バンドワゴン」がドラマ化! 亀梨和也がホームドラマ初主演!!
webザテレビジョン 6月27日(木)6時0分配信
日本テレビ系10月スタートの土曜ドラマに亀梨和也が主演することが分かった。亀梨の連続ドラマのレギュラー出演は「妖怪人間ベム」('11年、日本テレビ系)以来2年ぶり。今まで、ラブストーリーや学園物、スポーツ物から妖怪人間までさまざまなドラマに出演してきた亀梨だが、今回はホームドラマに初挑戦する。

原作は'09年に雑誌「ダ・ビンチ」誌上で映像化してほしい小説NO.1に輝いた小路幸也の人気作「東京バンドワゴン」シリーズ。古本屋とカフェを経営する4世代の大家族が、ちょっと変わった家訓に従って、訪れる客たちが抱えるトラブルを次々解決していく心温まるストーリーだ。亀梨はこのドラマで、フリー添乗員をしている26歳の次男・堀田青(あお)を演じる。青は父・堀田我南人(がなと)の愛人の子だが、堀田家の次男として分け隔てなく育てられる。青は軽薄そうな言動とたまにふと見せる憂いを帯びた表情とのギャップで、女性を引き付けるプレイボーイというキャラクター。モテモテの亀梨にピッタリな役だが、青は大学生の槙野すずみと出会い一途に愛するようになっていく。脚本は同じ土曜ドラマの「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」('06年、日本テレビ系)などを手掛けた大森美香で、亀梨とは初タッグとなる。

原作をあっという間に読んでしまったという亀梨は「一気に世界観に入り込んでしまいました。僕もこの作品の一ファンです。今回この作品のドラマに主役として参加させていただけることをうれしく思うと同時に、いいプレッシャーを感じ気合が入っています」と意気込んでいる様子。今回、ホームドラマ初主演となることについては、「皆さんに『家族っていいなぁ』と思ってもらえるような家族や人間関係を築いて行きたいと思います。僕自身も『東京バンドワゴン』を通じて、新たな家族と出会えるのをとても楽しみにしています」と喜びを語った。

最後に「魅力的な原作のドラマ化ですし、10月まで時間があるので試行錯誤しながら愛情を注いで、原作のファンの皆さまの期待に応えられるドラマをスタッフの皆さんと一緒に作り上げていきます! 視聴者の皆さんにはいろいろな想像を膨らませて、ドラマのスタートを楽しみに待っていただけたらと思います」とアピールした。


ドリボズはカード枠チケットがフライングで玉森君主演とupされちゃったらしい(現在削除)し、10月からのドラマだとまず無理だよねぇ…


つかライブ発表はいつ〜


06/27 10:52

この記事を 編集・削除

[公開] [亀梨和也]

コメント(4件)

ryu :  なおちゃん
ドリボズも玉に持っていかれたし、何か楽しみ欲しいよねっ
06/29 19:55 

ryu :  けんちゃん
映画だけじゃなく生の亀ちゃんみたいよぅ
06/29 19:53 

なお :  亀ちゃんがホームドラマに!?

ヾ(*≧∀≦)ノ゙ 嬉スィ〜★♪


…にしても、
ライブが未だ発表されないってことは…

ちょっぴり悲しいです(・_・、)
06/27 16:26 

けん :  今年、LIVEなぃっぽくなぃ??つまんなぃよーっ
06/27 14:41 


※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

ryu

Category

Search

rss
rss2

QRコード